クレジットカードと一言で言っても、クレジットカードブランドは数多くあります。
有名なカードブランドでは、VISA・JCB・MASTERCARD・AMEX・ダイナース・CITIカードなどです。

クレジットカードブランドが異なると、海外で受けられる優待やサービスが異なるのでしょうか?
答えは、カードブランドによって共通している部分もありますが、異なっている部分もあります。
ですから、クレジットカードを作る前に、こうしたサービスの異なる部分を見極めて自分に合っているカードを選ぶようにしましょう。

JCBカードのサービス

JCBカードを持っている方にはJCB優待ガイドというものがあり、こちらに記載されているレストラン、ホテル、レジャー施設に関して優待を受けることができます。
JCBでは
・アメリカ(ホノルル・サイパンのみ)
・アジア(シンガポール・韓国・ソウル・香港・マカオ・台湾)
・ヨーロッパ(フランス・イタリア・イギリス・ドイツ・スイス・オーストリア)
といった国でのサービスがあります。
例えばホノルルでは、多くのショッピングモールがありますが、こうしたショッピングモールで使えるクーポン券を受け取ることができますので、優待価格での買い物を楽しむことができます。
また、レストランやホテルの費用が10~15%OFFまたはドリンクフリーになるというケースもあります。

VISAカードとMASTERCARDのサービス

600-17105
VISAカードを使ってサービスを受けられる国は、
・アジア(インドネシア・香港・韓国・タイ)
・ヨーロッパ(イギリス・パリ・イタリア)
・アメリカ(ハワイ・グアム)
といった場所です。
優待の内容は、ショッピングモールでの5%ほどの割引やホテルの宿泊費の割引というものが多くあります。
それぞれの国におけるサービスブックが用意されており、非常にわかりやすくなっています。

VISAカードの特徴は、使用した金額が一定以上のものになるとギフトがプレゼントされるというものがあります。
MASTERCARDではホテルの優待価格やレストランでの優待価格、
もしくは混んでいる場合でも店に優先的に入ることができるというようなサービスもあります。
対象となっている国は、オーストラリア・中国・香港・韓国・ニュージーランド・インドネシア・スペインといった場所です。
しかし、全体的にサービスを受けられる国や優待の量や分野が少ない印象があります。

AMEX、ダイナースクラブのサービス

こちらのカードは、通常のクレジットカードであっても有料のものになるので、
受けられるサービスも無料のクレジットカードとは大きく異なります。

もちろん、年会費無料のカードと同じようにホテルやレストランの優待価格もありますが、その割引の額も大きくなります。
加えて、対象となる国や場所も増えてきてクレジットカードを持っているメリットをより感じやすくなります。

またサービスの分野も広がり、例えばマッサージやエステなどの施設でも受けられるような優待も付いてくるようになります。
さらに、空港から荷物を無料で送ることのできるサービスも利用する事ができるようになりますので、海外に出発する際、海外から帰国した際にはスーツケースを1つ無料で自宅や空港まで送ることができます。
さらに、イベントのチケットやホテルの宿泊予約、レストランの予約、フライトチケットの手配などもサービスデスクが行ってくれるので非常に便利になります。

まとめ

クレジットカードブランドによって、海外で受けられるサービスに違いがありました。
サービスを行っている国や地域が異なり、また優待などの程度も異なっています。

ヨーロッパにも強いクレジットカードブランドもあれば、アジア方面でのサービスに強いカードもあります。
加えて、年会費が必要なクレジット会社になると、海外でのサービスに関しても充実してくる傾向があります。

例えば、海外でトラブルに遭った時に、対処するためのサポートデスクは共通しているものの、
興行のチケットを予約したり、レストランの予約をしたりするサービスは
年会費ありのクレジットカードのみ
のサービスになっています。
多くの特典があり、厚いサービスを望んでいる方であれば、年会費のあるクレジットカードが良いでしょう。