海外旅行にクレジットカードも持っていくと、非常に便利なことがたくさんあります。
しかし、クレジットカードは便利な反面、使い方には注意する必要もあります。

クレジットカード使用のデメリットや落とし穴をしっかりと見極めておくなら、海外旅行でも賢くクレジットカードを使用することができ、お得な使い方ができるようになります。

海外旅行で気をつけたいクレジットカードの落とし穴と対策方法についてご紹介しますので、参考にされてください。

限度額を決めて買い物のしすぎに注意

a1370_000025

クレジットカードを使って買い物をする人は、現金での買い物をする人よりも高いものを購入する傾向があるというデータがあります。

海外旅行の時には、気持ちが大きくなっていますし、買い物を目的にしている方もいるので、大きな買い物をする傾向があります。
その上、クレジットカードの場合には、自分の目の前で現金が動くということがないために、買い物をしすぎてしまう可能性が高くなります。日本に帰ってきて請求書を見てびっくりしてしまうという方もたくさんいらっしゃるようです。
こうした事を避けるために、クレジットカードの設定で限度額をきちんと設定しておくということができます。

100万円で限度額を設定しておくことで、その金額以上の買い物ができなくなりますので安心です。
また、この限度額をあまりにも低く設定してしまうとあっという間に限度額に達してしまい、まったくカードが使えなくなってしまうということもありますので、旅行前に必ず限度額を確認するようにしましょう。

クレジットカードを使う店を選ぶ

以前では大きなレストランやショッピングモールなどでしかクレジットカードが使えませんでしたが、最近では小さなお店でもカードでの支払いが可能になってきています。

確かに、とても便利になってきているということなので、嬉しいことですが注意も必要です。
クレジットカードのデータは特殊な機械があれば読み取ることができ、そのデータを盗まれてしまうとカードを偽造することもできます。

また、自分が見えないところでカードを切られると、身に覚えのない請求をされるということもあります。
まだまだ発展している途中の国や小さな店、屋台などでクレジットカードを使う時には、細心の注意が必要になります。
できるなら、こうした場所ではできる限りクレジットカードの使用を控える方が良いでしょう。
便利だからといって、どこでもカードを使うとトラブルの元になることがあります。

クレジットカード付帯の保険

クレジットカードを持っていると海外旅行保険が付いているというものもあります。

例えば、現地で買い物をしたものがすぐに壊れてしまった、旅行中に自分のものが盗まれてしまったというようなこともあります。
このような時には、クレジットカードに付帯している保険で補償を受けることができる場合もあります。
しかし、こうした補償は無条件で受けられるものではありません。
カード会社と提携している保険会社が求めている必要な書類を揃えることが必要です。

例えば、自分のカメラが盗まれてしまったという場合には、現地の警察への被害届が必要になり、盗まれたという公的な文書を入手しなければ補償を受けることはできません。

買ったものが壊れてしまったという場合には、買ったという証拠が必要になりますので、レシートの控えが必ず必要になります。
ですから、海外旅行保険を使うために必要な書類をきちんと準備すること、さらにどのような書類が必要になるのかを事前にきちんと把握するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードは非常に便利で、海外旅行でも大いに役立ってくれます。
しかし、便利なものである以上、使い方には十分注意しなければいけません。
どこでも、いつでもカードを使うと、思ってもいなかったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

どこで使うのか、どれくらいクレジットカードを使うのかをあらかじめよく決めておくようにしましょう。
そして付帯の保険を利用するときには、事前に必要になる書類がどのようなものかも確認しておきましょう。